スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「動き」を活かす

2月16日(土)にシステマジャパンのクラスに参加した感想をご参考までに載せておきます。
(mixiの日記に載せているものの転載です。)



(↓ 以下、本文)

昨日は、午前中のシステマ南埼玉に続き、午後はシステマジャパンのクラスに参加した。ブレットさんのリードで、キープムービングを意識したローリングやグラウンド・立ち上がりの動き、ホールドへの対処、グラップリングやレスリングなど、密度の濃い練習を行った。肌寒く、強風もあったせいか、参加者は少なかったが、非常に充実した練習ができた。

ブレットさんがクラス全体を通して強調していたのは、「動き」を活かす、というテーマ。クラスの最初に、ローリングなど様々なグラウンドの動きを常に止まらずに連続して行うメニューを行ったが、その時のブレットさんのデモが素晴らしかった。

きわめてリラックスした身体の中で常に重心を動かし続け、動きが全く途切れることがない。例えば、「前ローリング→横転→立ち上がり」という流れは3つの動きだが、ブレットさんが行うと、切れ目のない1つの長い動きのように見える。それほどの連続した流動性を体現していた。

自分としても、重心移動による動きやキープムービングは以前から常に意識してきたし、最近のシステマ南埼玉でも重点テーマとして、座禅転がり・ローリング・歩法などでみっちり練習している。ただ、ブレットさんの素晴らしいデモを見て、自分はまだまだ甘かったなと実感した。

最近は自分でもかなり重心移動を使いこなせるようになったと思っていたが、まだ動きの中の所々で筋肉を使いすぎてしまうために、そこで動きが一瞬、停滞してしまう。一方、ブレットさんの動きは、リラックスと重心移動を徹底しているために、転がり続けるボールのように全く止まることがない。

ブレットさんのデモを見て、自分も重心移動をもっと使いこなそうと決意した。実際は無理かもしれないが、理想を言えば、筋肉稼働率0%・重心移動活用率100%で動いてみようと思った。

そういった意識で動いてみると、グラウンドを激しく動いたり、スタンド←→グラウンドと目まぐるしく入れ替わる動きをしても、ほとんど全く疲れない。普段なら、午前中のシステマ南埼玉とのダブルヘッダーで、午後のシステマジャパンでは結構疲れが来るのだが。軟体動物や液体のようなリラックス状態をイメージし、重心移動だけで動くことを意識すると、何時間でも動き続けられるような気さえした。自分で言うのも何だが、今回のクラスの中で、自分のレベルがいくつか上がった感がある。ドラクエに例えると、はぐれメタルを何匹か倒したような達成感があった。

クラスの中盤・後半では、慣性・運動エネルギーを活かしたテイクダウン・グラップリング・レスリングなどを行った。自分は常に動き続け、相手の動きも止めずに動かし続ける。さらに、自分の動きと相手の動きをつなげると大きなパワーが生まれ、簡単に振り回したり、テイクダウンできることが分かった。

相手との相対的な動作の中で「動き」のパワーを活かすことはなかなか難しいが、使いこなせれば、体格差や筋力差がある相手を制することも可能だと思う。自分が求める「年を取っても衰えない強さ」にも通じるだけに、これからもトレーニングの中で、動きの活用を試していきたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨントス

Author:ヨントス
本名:西嶋 健二郎。東京寄りの埼玉に在住。仕事は市場調査。ライフワークはロシアの武術・システマ。モスクワ本部認定システマインストラクター。気功・ヒーリングもやってます。地道に修行を続けて、60代あたりで強い爺さんになるのが目標。無類の猫好き。

埼玉県志木市で毎週土曜日午前中と平日の晩にシステマのトレーニンググループを主宰しています。システマに興味がある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい!


■お問い合わせ(連絡先)

お問合せフォーム


■ mixiのコミュニティ:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5673325

■ Facebook:
「西嶋 健二郎」で登録してます。

■↓システマに限らず、トレーニング方法に関するアドバイスも行っています
https://coconala.com/services/44747

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。