スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激的なクラス

12/5のシステマジャパンのクラスの感想をご参考までに載せておきます。
(mixiの日記に載せているものの転載です。)


(↓ 以下、本文)

昨日は仕事の立て込み具合が落ち着いてきたこともあり、会社帰りに、システマジャパンの通常クラスとレイトクラスにダブルヘッダーで参加した。仕事で忙しすぎた10~11月は、通常クラスにほとんど全く参加できなかったから、さすがに月謝がもったいなかった。だから、今後はなるべく通常クラスにも積極的に参加しようと思い、システマジャパン本部道場へと向かった。

道場に着くと、今回はレイトクラスだけでなく、通常クラスもI垣インストラクターのリードということだった。通常クラスでは、ペアを組み、ふくらはぎ・太腿・背中・腕など、体の各部を入念にマッサージした。ペアの1人あたり、30分以上は連続してマッサージを施した。

これだけ贅沢に時間をかけてマッサージすることは滅多にないが、その効果で体が十分にほぐれて、その後に行った歩法やショートストライクのワークでは快適に動くことができた。ミカエルもヴラディミアもマッサージは大いに推奨しているようだし、自分もなるべく普段のトレーニングに取り入れていきたいと思う。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

通常クラスの後のレイトクラスでは、I垣インストラクターがモスクワ本部で学んできた、いわゆるニュースクール的な内容を中心に練習した。

まず、プッシュアップの体勢を取り、その上に人が乗ったり、様々な方向から強くプッシュされるワークを通じて、相手から与えられたテンションを体に入れずにステイトを保つ練習を行った。

続いて、受け手は床に寝て攻め手は立っている猪木vsアリ状態で、攻め手が強く蹴ってくるのを捌くワーク。また、そこから発展して、攻め手から食らったキックの衝撃を体内に入れずに流して、相手の「源(みなもと)」に返すワークなどを行った。

レイトクラス前半のこの辺りまでのワークについては、自分なりに結構うまくやれたと思う。I垣インストラクターのレイトクラスに参加するのも今回で3回目になり、システマのニュースクールの感覚もなかなか良い具合につかめてきたな、という気がしていた。

しかし、クラス後半になると、さらに高度で難しいワークが続き、少々面食らってしまった。

例えば、ペアを組んで横に並んで立ち、攻め手は受け手の体めがけてナイフを思い切り突き刺す。受け手は体の接触部分などから攻撃の気配を感じとり、ナイフの突きをかわす、というワーク。本身なら胴体を貫通するほどのえげつない勢いで突き刺すから、模擬ナイフでも刺された方は非常に痛い。受け手は自ずと感覚を研ぎ澄まし、攻め手の気配を必死で感じようとする。自分は何回も手痛いナイフの突きを食らいながら、次第に、体の自然な反応でナイフをかわせるようになっていった。

また、複数の攻め手によるナイフ攻撃を捌くワークも行った。複数×ナイフという厳しい条件が重なる設定だから、いちいち頭で考えていては間に合わない。自分と相手と状況全体を常に感じながら、体の赴くままに自由に動いて対処することが求められた。

自分はつい緊張して力んだり、動きが止まることもあったが、I垣インストラクターのデモは圧巻だった。複数のナイフ攻撃に対し、リラックスして全く危なげなく捌き、要所要所で遠慮なくストライクを叩き込むなど、ヴラディミアを見ているような華麗な動きだった。I垣インストラクターは日本にいる時から相当な実力者だったが、トロントやモスクワでの長期の修行を経て、ますます凄みを増した感がある。

自分は複数のナイフを捌く練習はあまり経験がなく、かなり難しく感じたが、自分はこういう練習がやりたかったんだよ!、と唸ってしまった。高度にセンシティブかつコンバティブな内容で、非常に得られるものが多い。トロントやモスクワでこのレベルの練習を日常的に積んできたのなら、I垣インストラクターが格段に上達するのもうなずける。

システマを何年も続けていると、簡単にこなせるワークも増えてきて、最近では練習がマンネリ気味に感じたり、たまには天狗になることもあった。しかし、I垣インストラクターのクラスを通じて、トロント本部やモスクワ本部のハイレベルなシステマに触れて、大いに刺激を受けた。

また、自分もトロントやモスクワに行って、システマの本場でみっちりと修行を積みたいなと改めて思った。学生など自由な時間が取れる身分だったら、とっくの昔に修行の旅に出ているのだが。しがない中年サラリーマンの立場では、なかなかそうもいかないのが悩ましい。

いずれにしても、今後もなるべくレベルの高いシステマに触れる機会を増やし、自分の成長を加速させたいと思う。その意味でも、トロントやモスクワで修行してきた人のクラスには、積極的に参加するつもりでいる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨントス

Author:ヨントス
本名:西嶋 健二郎。東京寄りの埼玉に在住。仕事は市場調査。ライフワークはロシアの武術・システマ。モスクワ本部認定システマインストラクター。気功・ヒーリングもやってます。地道に修行を続けて、60代あたりで強い爺さんになるのが目標。無類の猫好き。

埼玉県志木市で毎週土曜日午前中と平日の晩にシステマのトレーニンググループを主宰しています。システマに興味がある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい!


■お問い合わせ(連絡先)

お問合せフォーム


■ mixiのコミュニティ:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5673325

■ Facebook:
「西嶋 健二郎」で登録してます。

■↓システマに限らず、トレーニング方法に関するアドバイスも行っています
https://coconala.com/services/44747

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。