スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 2011/9/10(土) 練習内容(備忘録)

9/10(土) に行ったシステマ南埼玉の第10回目のクラスの練習内容のメモを備忘録としてアップしておきます。受身のやり方なども詳しく載せていますので、よろしければご自宅でも復習していただければ幸いです。

今回は野外の公園で受身の練習をみっちり行いましたが、参加者の皆さんは砂まみれになって大変だったかと思います。私も嫁にかなり顰蹙を買いました(苦笑)システマは戦場の格闘技ですので、少し汚れるくらいは気にしないタフさは必要ですが、今後は当分の間、室内の快適な環境で練習する予定です。

ですので、今回のクラスに懲りずに、また参加していただければと思います(笑)


◆ システマ4大原則の説明 

〇 呼吸、リラックス、姿勢(背骨)を真っ直ぐ、動き続ける(居着かない)


◆ 体をリラックスさせる

〇 地面に横たわり、息を思い切り吸った状態で呼吸を止め、限界まで耐える。
  耐え切れなくなったらバーストブリージングを行い、リラックスした快適な状態まで
  完全に回復する。

〇 地面に横たわり、息を思い切り吐ききった状態で呼吸を止め、限界まで耐える。
  耐え切れなくなったらバーストブリージングを行い、リラックスした快適な状態まで
  完全に回復する。


◆ ローリング・受身

〇 ローリング(前転、ひざまずいた状態から)
・ 左手を地面につけ、右肩~右腕~右手を前転させながら地面につけていく。
 同時に、首は左脇の下に入れるように動く。
          ↓
・ 背骨は地面につけない。右肩から入ったら、背骨をつけずに、
 背中の右部分(または左部分)だけをつけてローリングする。

 ※ システマでは、地面に落ちた障害物に背骨が当たらないように、
   背中の半分だけを使ったロールが基本的に推奨されている。

 ※ ただし、右肩から入ったら左腰を地面につけるという風に、
   対角線にロールする場合もある。例えば、回転している途中で
   障害物に気づき、それを避けるために対角線にロールするような場合、など。
  ⇒ 回っている間に自由に方向を変えられるよう、精密な動きができるようになる必要がある。

⇒ なるべく地面を蹴ってロールするのではなく、重心移動を使って、
  ボールが転がるように、液体が流れるようなイメージでロールする。

⇒ 座禅転がりで重心移動で動くイメージをつかむとよいかもしれない。

〇 ローリング(後転、ひざまづいた状態から)
⇒ 後転して立ち上がるパターン、後転して地面にうつ伏せになるパターンの両方行う。

〇 ローリング(ペアを組んで、うずくまった人の上を越えて前転・後転)

〇 ローリング(ペアを組んで、四つん這いの人の上を越えて前転・後転)

〇 ローリング(ペアを組んで、馬飛び状態の人の上を越えて前転)

〇 片足を振り上げ、その場で片足スクワットの形で地に落ちる
  使用例) 大外刈りなどに対し、逆らわずにグラウンドに逃げる。

⇒ 振り上げた足の側の尻・背中の片面から接地する。(背骨を打たないため)
  必ず、後頭部を手でガードする。

⇒ できるだけ、手を使わずに立ち上がる。

〇 ローリング(前転、立った状態から)
⇒ 難しければ、中腰・ランジの状態から行う。

〇 ローリング(後転、立った状態から)


◆ ブリージングウォーク

〇 1呼吸(吸う・吐く)につき1歩・2歩・3歩・・・10歩
  と歩数を上げていき、また10歩・・・1歩と下げていく。

⇒ 後退、目を閉じる、ローリング、腕を上げる、中腰、ダックウォーク(アヒル歩き)、
  超スロー、などのバリエーションを混ぜる。

⇒ 股関節、膝、足首をリラックスさせて、足裏をフラットに地に着ける。
  歩幅を広げすぎない。常に、足裏に体重が乗っているように。全身を1つのユニットとして動く。

⇒ 体軸をできるだけ左右にも上下にもブレないよう動く。
  (目を閉じたり、超スローで歩くと、体軸のブレ、重心の偏りを感じやすい。)

⇒ 超スローでも、速く歩く場合も、同じ形で動く。スピードが速くなると同じ動きが
  できないようでは意味がない。


◆ システマの4大運動

〇 プッシュアップ
  (吸ってダウン・吐いてアップで10回、吐いてダウン・吸ってアップで10回、
   無呼吸+バーストブリージングで10回)

〇 シットアップ(同様に)

〇 レッグレイズ(同様に)

〇 スクワット(同様に)


◆ ストライクの準備

〇 仰向け(うつぶせ)に寝た相手の体の上でプッシュアップ10回。
  拳を置く位置を変えながら、全身を時計回りに移動して一周する。

⇒ プッシュアップする方は本能的に、下の人の体の固い場所に、
  中心を捉える方向で拳を置く。(体勢を崩して怪我するのを避けるため。)
  その場所、方向が、ストライクを打つ際に有効な場所・方向となる。

⇒ 下の人は、プッシュアップの圧力、痛みを呼吸で緩和する。


◆立つ人の体に拳でタッチ。

〇 様々な方向から、様々な部位を拳でタッチする。

〇 拳は面全体が相手の体にぴったりとフィットするように当てる。
  また、相手の体の中心・テンションを捉えるように。

〇 手首を曲げず、拳~腕のラインを真っ直ぐにする。
  相手の体に拳を当てて手首が曲がるようなら、
  手首が真っ直ぐになる位置まで体を移動させる。

〇 肘は背中より後ろに引かない。


◆立つ人の体をプッシュ。

〇 軽いプッシュから始めて、慣れてきたら次第に強くプッシュしていく。

〇 受ける方はリラックスと呼吸でプッシュを柔らかく受け流す。


◆ストライクを打つ/受ける

〇 相手の様子を見ながら、ストライクの強度・深さを上げていく。

※ ストライクの到達点を、① 皮 ② 筋肉 ③ 内臓 ④ 背骨 ⑤ 背骨の向こうの空間、
  とイメージを変えることで、ストライクの深さを調節できる。

〇 受ける方はリラックスと呼吸でストライクの衝撃を分散させる。


◆ プッシュ/ストライクをかわす

〇 ペア。攻め手の連続プッシュ/ストライクに対し、受け手は足を止めずに
  常に動きながらかわし続ける。

⇒ 自分が快適でいられるポジションにいられるよう動き続ける。
  攻め手のプッシュ/ストライクが当たらない距離、
  パンチのパワー・トライアングルの外、斜め45度の位置・・・など。

⇒ 真っ直ぐに下がり続けるだけだと追い込まれてしまう。
  サイドに回り込むなど、戦略的に動く。

⇒ 攻め手の足・手・体の動きとコンタクトして、同じタイミング・ペース・距離感で
  動き続けられれば、安全にかわし続けられる。
  (コンタクトはシステマの奥義ともいえる難しい要素だが・・・)


◆ ストライクをかわしてストライクで反撃

〇 ペア。連続ストライクを動きながらかわして、良い位置・タイミングでストライクで反撃。
  (厳しそうなら、スピードを遅くして、プッシュで行う)


◆テイクダウンの説明

〇 2点からの崩し
  相手の体に2方向から拳(手でもよい)を当て、
  2点からの力で姿勢を崩してテイクダウンする。

⇒ 左右・前後・高低の異なる2つの方向から力を加えることにより、
  相手の真っ直ぐな姿勢を崩す。1点からの崩しに比べて
  非常に簡単に相手を崩せるし、汎用性も高い。

⇒ 力を加える方向が正しければ、ほんのわずかな力で相手を崩せる。
  強引に崩そうとするより、ソフトに力を加える方が崩しやすい。

〇 6レベル
 システマで相手を崩しやすいとされている部位。
 テイクダウンする時にどこを攻めたらよいか分からない時は、
 6レベルのどれかを攻めるとよい。

 ※ 6レベル … 1. 手首、 2. 肘、3. 肩(及び首)、
         4. 鼠径部、 5. 膝、 6. 足首

〇 首を攻めてテイクダウン
 首を攻めると、相手の姿勢を大きく崩し、簡単にテイクダウンできる。


◆ ストライクをかわしてストライク/テイクダウンで反撃

〇 ペア。連続ストライクを動きながらかわして、良い位置・タイミングで
  ストライクまたはテイクダウンで反撃。


◆円座
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨントス

Author:ヨントス
本名:西嶋 健二郎。東京寄りの埼玉に在住。仕事は市場調査。ライフワークはロシアの武術・システマ。モスクワ本部認定システマインストラクター。気功・ヒーリングもやってます。地道に修行を続けて、60代あたりで強い爺さんになるのが目標。無類の猫好き。

埼玉県志木市で毎週土曜日午前中と平日の晩にシステマのトレーニンググループを主宰しています。システマに興味がある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい!


■お問い合わせ(連絡先)

お問合せフォーム


■ mixiのコミュニティ:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5673325

■ Facebook:
「西嶋 健二郎」で登録してます。

■↓システマに限らず、トレーニング方法に関するアドバイスも行っています
https://coconala.com/services/44747

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。