スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無念無想の境地

2/5のシステマジャパンのクラスの感想をご参考までに載せておきます。
(mixiの日記に載せているものの転載です。)


(↓ 以下、本文)

今夜は会社帰りにシステマジャパンのクラスに参加した。道場に行くと、体験参加の人が数人来ていて、参加人数18人という賑やかなクラスになった。今、システマは静かなブームなのかもしれない⁉

今回のクラスはブレットさんのリードで、「相手の動きとコネクトして方向を変えてテイクダウンする」という内容を中心に練習した。

相手とコネクトして相手の力を利用するワークはもともと苦手な部類で、ついつい自分中心に何か働きかけたくなってしまう。しかし、今回はファイトしたくなる気持ちを抑えて、穏やかなステイトを保ちつつ相手と同調することを心がけたら、割とうまく出来た。

自分はかなりエゴが強く好戦的な性格で、格闘技をやる以上、そういう部分も少しはあっていいんじゃないかと思っていた。ただ、システマでさらに上のレベルを目指すには、戦いたい気持ちを極力抑えて、常に清らかな気持ちでいることが必要だと最近は感じている。今後もこの調子で、精神的な意味でも穏やかで快適なステイトを保っていきたい。

----------------------------------------------------

通常クラスの後のレイトクラスでは、I垣インストラクターのリードで、テーマは今回もやはりインターナルワークだった。

具体的には、体のつながりを利用した「押さない」プッシュキックをじっくりと練習した後、ナイフ攻撃をかわしたり、反撃したりするワークを行った。

ナイフの捌きといっても、格闘テクニック的なディスアームを行うのではない。相手や状況全体とコネクトし、体のつながりも活用した上で、最適な対処を行うことが求められた。

言葉で言うと複雑に思えるが、相手とつながり、体全体がまとまって動くと、自ずと的確な対処が生まれる。毎回これが実行できたら、何も考えずに動けば相手が倒れているような、まさに達人的な無念無想の境地だろう。

自分はついつい雑念が入り、うまくいかないことも多かったが、インターナルワークのとてつもない可能性を改めて感じた。昔、「シンクロ率400%」というネタがあったが、今後はもっと、相手や状況、自分の体全体のコネクト率を100%に近づけるよう練習していこうと思う。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨントス

Author:ヨントス
本名:西嶋 健二郎。東京寄りの埼玉に在住。仕事は市場調査。ライフワークはロシアの武術・システマ。モスクワ本部認定システマインストラクター。気功・ヒーリングもやってます。地道に修行を続けて、60代あたりで強い爺さんになるのが目標。無類の猫好き。

埼玉県志木市で毎週土曜日午前中と平日の晩にシステマのトレーニンググループを主宰しています。システマに興味がある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい!


■お問い合わせ(連絡先)

お問合せフォーム


■ mixiのコミュニティ:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5673325

■ Facebook:
「西嶋 健二郎」で登録してます。

■↓システマに限らず、トレーニング方法に関するアドバイスも行っています
https://coconala.com/services/44747

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。