スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクリは友達、怖くない

4/10のシステマ南埼玉の夜練の感想をご参考までに載せておきます。
(mixiの日記に載せているものの転載です。)


(↓以下、本文)

昨晩は要望をいただいたから、システマ夜練を行った。夜練を始めた頃はたまにしか実施できなかったが、最近は毎週のように練習できて嬉しく思う。また、以前は参加者が1~2人だけのことが多かったが、近頃は人数が増えてきて、かなり活性化しつつある。今回も参加者5人が集まり、楽しく練習することができた。

夜練では基本的に参加者がやりたいテーマに合わせて練習メニューを組んでいる。今回も要望を取り入れて、テイクダウンを練習することにした。

ただ、システマ南埼玉の夜練は、固いコンクリの上という非常に劣悪な環境だけに、今まではテイクダウンを練習することは滅多になかった。十分に受け身が取れる人や、柔らかくテイクダウンできる人でないと、危なくて仕方ない。だから、つい、プッシュやストライクなどが中心の練習になりがちだった。

とは言っても、いずれはテイクダウンも練習しないと、夜練にしか参加しない人はシステマの重要な要素を体験しないままになってしまう。そこで、今回は十分にローリングなど受け身の練習を行った上で、注意しながらテイクダウンを行うことにした。

まず、地面に寝て芋虫運動で体をほぐした後、前ローリング、後ろローリング、その場に落ちる・・・などの基本的な受け身を練習したが、意外にも、参加者は全体的に受け身がうまく出来ていている様子だった。最近はクラスで受け身の練習はあまりやっていなかったのだが。受け身は非常に重要だから、自主的に練習しておいて下さいと言っていたから、やる気がある人は、自宅で練習していたようだ。やはり、日本でトップクラスに厳しい環境のシステマ夜練に来る人は、一味違うなと感心した。

その後、2点の崩し、1点の崩し、レベル6などごく基本的なテイクダウンのやり方を練習していった。最近は高度なインターナルワークばかり稽古してきたから、自分としては今さら初歩的なテイクダウンをやるのもつまらないかも・・・とも思ったが、予想外にかなり楽しく練習することができた。ニュースクール的なインターナルワークを経験した上で、基本的なテイクダウン技法をやってみると、以前より大幅に精度が上がり、相手を効果的に崩すことができた。螺旋階段を上っているような具合に、外から見たら同じような動きでも、中身のレベルは確実に向上しているんだなと手応えを感じた。

最終的にはスタンドレスリングのライトスパーまで行い、1時間半の短い中で、密度が高く充実した練習ができた。参加者の感想を聞いても、楽しかったという声が多かった。ストライクで打ち合うのもスカッとするが、取っ組み合いも面白いよなと改めて思った。

今回のクラスでは、参加者全員が最後まで、リラックスして安全に練習できたことが一番の収穫だった。コンクリの上でも案外、テイクダウンをやっても問題ないことが分かったから、今後はシステマ夜練でもテイクダウンを練習する機会を増やしていきたいと思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨントス

Author:ヨントス
本名:西嶋 健二郎。東京寄りの埼玉に在住。仕事は市場調査。ライフワークはロシアの武術・システマ。モスクワ本部認定システマインストラクター。気功・ヒーリングもやってます。地道に修行を続けて、60代あたりで強い爺さんになるのが目標。無類の猫好き。

埼玉県志木市で毎週土曜日午前中と平日の晩にシステマのトレーニンググループを主宰しています。システマに興味がある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい!


■お問い合わせ(連絡先)

お問合せフォーム


■ mixiのコミュニティ:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5673325

■ Facebook:
「西嶋 健二郎」で登録してます。

■↓システマに限らず、トレーニング方法に関するアドバイスも行っています
https://coconala.com/services/44747

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。