スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパーもいいもんですね

12/20(土)に行ったシステマ南埼玉のクラスの感想をご参考までに載せておきます。
(mixiの日記に掲載したものの転載です。)

※↓以下、本文
-------------------------------------------------------------------

今日のシステマ南埼玉は、年末で忙しい時期だし、天気も悪かったから、あまり人が来ない気がしていた。しかし、予想外に参加者が4人集まり、キック・レッグワーク中心に充実した練習ができた。

練習内容としては、先日のシステマジャパンのワークショップでスコットさんがリードした内容をベースに、自分がシステマ的なキックをやる上で重要だと思う要素を付け加える形でやってみた。空手やキックボクシングなどとはキックの感覚が根本的に違うから、階段を一つ一つ登るように丁寧にワークを積み重ねていった。その準備段階でけっこう時間がかかってしまったが、最後にはキックのみライトスパー、キック含め何でもありスパーまで実施できて、自分としても満足感があった。

最後の何でもありスパーでは、総合格闘技のジムにも通っているM君と組んだ。久しぶりにシステマ南埼玉に参加したM君は、しばらく見ない内に大分力強くなっていて驚いた。男子三日会わざれば刮目して見よ…ってこういうことだなと思った。

そのM君は、キック含め何でもありスパーの時、いかにも総合格闘技的な片足タックルや強引な投げを仕掛けてきて、なかなか厄介だった。タックルや身体を預けるようなテイクダウンにも、ショートワークで処理したり、逆らわずにグラウンドに引き込んだりと、システマ的な捌き方はいろいろと出来ると思う。しかし、ライトスパーで本気のストライクを入れるわけにもいかないし、グラウンドに引き込んだら、少々「やられた感」が出てしまう。そこで、身体の内圧を高めるようなステイト感を出した状態でM君と組んでみたら、強引な投げにも影響されず、受けた力をそのまま返して崩すことができた。インターナルワークの実戦的な使い方が確認できて、良い収穫だった。

力んで固くなるからスパーはやらない、という考え方もあるが、個人的には、スパーもたまにはやった方がいいと思う。スパーとなると、つい緊張したり力んだりしがちなのは事実。その緊迫した状況の中で、いかにリラックスするか、力のぶつかり合いにならないようにシステマ的に動くか…というテーマを持ってやれば、とても良い練習になる。今後も、システマの基本を重視するのはもちろん、リアリティチェック的な意味でも、質の高いスパーを重ねていきたい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨントス

Author:ヨントス
本名:西嶋 健二郎。東京寄りの埼玉に在住。仕事は市場調査。ライフワークはロシアの武術・システマ。モスクワ本部認定システマインストラクター。気功・ヒーリングもやってます。地道に修行を続けて、60代あたりで強い爺さんになるのが目標。無類の猫好き。

埼玉県志木市で毎週土曜日午前中と平日の晩にシステマのトレーニンググループを主宰しています。システマに興味がある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい!


■お問い合わせ(連絡先)

お問合せフォーム


■ mixiのコミュニティ:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5673325

■ Facebook:
「西嶋 健二郎」で登録してます。

■↓システマに限らず、トレーニング方法に関するアドバイスも行っています
https://coconala.com/services/44747

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。